口内炎の原因って何?舌のデキモノが痛い!

口内炎の原因はナニ?舌のデキモノが痛いのはもうイヤ!

口内炎って厄介ですよね。

口の中だったら、どこにでも出来るんですけど、
特に、舌にできる口内炎は最悪です。

食べた時にしみたり、話してる時に歯に触ったり
いろんな物が刺激になって痛い痛い

何かの拍子に歯で挟んじゃった時の痛みといったら・・・。

ヒィ~!

急に襲われるこの痛みのせいで、
ずっとビクビクしてなくちゃいけないから
嫌なんですよね。

う~ん。何で出来るんでしょうね?
口内炎ができる原因が分れば、
痛みに悩まないで済むと思いませんか?

私、実は事務の仕事をしていて、
中でも電話対応が多いんです。

  • 電話中に口内炎を噛んじゃって、うめき声を出しちゃダメだし
  • 口の中を意識して、聞き逃すのもダメだし

という訳で、つい3日前に舌に口内炎が出来てしまい
泣いていたので、今後の為に調べてみた事を書いていきますよ!

「口内炎の原因って何?舌のデキモノが痛い!」の続きを読む…

睡眠の質を高める方法!スッキリは時間だけじゃ感じられない!

睡眠の質を高める方法!スッキリは時間だけじゃ感じられない!

ちゃんと寝てるはずなのに・・・。

  • スッキリしない
  • 寝足りない
  • つい二度寝してしまう

疲れが取れた気がしないで起きるのはツライ。
だからといって、寝る時間を増やすのは難しい。

でも、

深い眠りとか浅い眠りとかっていう言葉を
聞いた事がありませんか?

眠りにもがあって、上手に寝る事によって、
うまく疲れがとれるようになるんです!

寝ても寝ても、全然寝足りない。

そんな人の為に、早速、睡眠の質を高める方法
紹介していきますよ!

「睡眠の質を高める方法!スッキリは時間だけじゃ感じられない!」の続きを読む…

白髪を抜くと増えるのは嘘?本当はもっと怖い事に・・・

白髪を抜くと増えるのは嘘?本当はもっと怖い事に・・・

この記事にたどり着いたって事は・・・、
遂に見つけてしまったんですね?

白髪を!

私の場合、朝、寝癖を直している時に
見つけてしまいました。

最初は、「光の当たり具合かな~」と気にしなかったのですが、
次の日も、その次の日も、同じ場所の色が違っているのが
目に付きました。

「んん!?おかしい・・・。もしかして、白髪・・・?」

恐る恐る指でつまんでみると、キレイに色抜けしている白髪が1本。

話には聞いていた白髪ですが、自分の頭に見つけてしまった時は、
正直ショックでした・・・。

思い返すと無駄だったような気はしますが、
とりあえず、サッサと手ぐしで黒髪の中に隠して
誤魔化していました。

「何とかしなきゃ!」

でも、白髪は抜くと増えるって言うし、
1箇所だけ束みたいに生えちゃったらイヤだし・・・。

う~ん。
この話、本当なのかな?

「白髪を抜くと増えるのは嘘?本当はもっと怖い事に・・・」の続きを読む…

熱中症対策に塩飴?運動する子供には水分補給だけじゃダメ!

熱中症対策に塩飴?運動する子供には水分補給だけじゃダメ!

子供って、本当に楽しそうに、真剣に動き回りますよね~。

丈夫な体をつくってもらいたくて、習わせたスポーツも、
どうやら気に入ってくれたみたい。

「友達も出来たし、習わせて良かった」

でも、夏の暑くて日差しが強い中
動いているのは、熱中症が心配ですよね?

夏になると、ニュースでは熱中症対策として、
こまめな水分補給を呼びかけます。

動き回って、汗をダラダラかいた後は、
冷たい水をガブガブ飲んで水分補給!

・・・といきたい所ですが、
実は、このように水をたくさん飲んでいても、
ほとんど体に吸収されないのです。

「熱中症対策に塩飴?運動する子供には水分補給だけじゃダメ!」の続きを読む…

救急車の相談ならこの番号!迷ったら呼ぶ前にできる事とは?

救急車の相談ならこの番号!迷ったら呼ぶ前にやるべき事!

急に痛みが!

原因が分らない症状が出た時に、冷静でいられるでしょうか?

重症の時には、救急車を呼ぶべきなのですが、
あなた自身、突然の症状に苦しんでいたり、
目の前で苦しんでいる人を見た時、
物事を冷静に判断するのは、難しいかもしれません。

救急車を呼んだほうが良いのか?
このままでも大丈夫なのか?

医療に関する知識が少ない普通の人なら、
普段の状態でも、難しい事だと思います。

迷ったら呼ぶべき、という意見もあるかもしれませんが、
救急車の出動件数は、年間約580万件あり、
毎年約10万件ずつ増えています。

コレはとても多い数字で、救急車にも限りがある中、
出動件数が増えると、現場への到着するまでの時間も長くなり、
今は、

  • 現場へ到着するまでに約8分
  • その後、病院へ到着するまでに約38分

ほど、時間がかかっています。

例えば、何らかの理由で「心停止」が起こった場合、
6分が生死の分かれ目だとされています。

・・・という事は、今のままだと、
命の危険があるほどの重症の人は、
助からない事になってしまいます。

出動件数は多いのですが、実は半数以上が、
入院不要で、自分で帰宅できる軽症者なんです。

「救急車の相談ならこの番号!迷ったら呼ぶ前にできる事とは?」の続きを読む…