スーツの着こなし方!男性がビジネスで好感をもたれるポイントは?

人の第一印象は、初めて出会った時の、3秒で決まってしまいます。

じっくり話してみたら、意外と良い人だった、という事も
ありますが、良いに越した事は無いですよね?

会社では、

  • 職場の仲間や上司
  • 取引先の人
  • お客さん

と、たくさんの人達と出会います。

印象が決まるまで、出会ってから数秒しか時間が無いので
見た目の印象はとても重要です。

「ファッションは苦手」という人も、いると思いますが、
ポイントを抑えれば、無難にまとまるので、
そんなに難しい事ではありません。

特に、これから社会へ出て行くフレッシュマン達は、
どんな場所でも、ある程度対応できるスーツを揃えると、
使い回しが出来て、とても便利です。

わざわざ、買い替えなくても良くなるので、
お財布にやさしいのも、嬉しいですね。

好印象を持ってもらえる様に、ポイントを抑えて
良いスタートを切りましょう!

色や柄について

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

■スーツは?

暗いネイビーかダークグレーが、幅広いビジネスシーンに
対応できるので、比較的無難です。

悩んだら、この2色から選べば、問題無いでしょう。

×全くのブラックは避ける

ダークグレーの様な、すごく暗い色ではなく、
真っ黒な色はブラックスーツと呼ばれ、
冠婚葬祭など、改まった場所で着ます。

なので、日常で着るには適していません。

■シャツは?

スーツが暗い色なので、逆に明るい色が良いです。

白も良いですが、淡いピンクや青もあると、
「いつも同じ服を着ている」と思われる事も、
無くなります。

■ネクタイは?

暗い色のスーツと、明るい色のシャツの間にあるネクタイは、
色が使えるおしゃれポイントです。

色は、ワインレッドかネイビー、
柄は、無地かピンドット(小さい水玉)が良いです。

ネクタイも2種類持っていると、シャツの種類と組み合わせて、
同じスーツでも、色んな組み合わせを見せられます。

■靴、ベルト、ソックスは?

この3点は、同じ色で揃えます。
黒で揃えると無難です。

サイズや着こなしについて

20131218-02

どんなに無難なデザインを揃えていても、
サイズや着こなしが正しくないと不恰好に見えます。

実際に着てみて、ちょうど良い大きさか、
チェックするポイントがあります。

■スーツ

  • 肩と袖の縫い目の部分は、1cm程度つまめているか?
  • ボタンを閉めた状態で、懐に握りこぶし1個分入る余裕があるか?
  • 袖は少し短く、袖口からシャツが、1cm程度見えているか?
  • 着丈は、お尻がちょうど隠れるくらいの長さか?

■ネクタイ

  • 結んだ時に、ベルトのバックルが、ちょうど隠れるくらいの長さか?

■パンツ

  • ウエスト部分に、掌が軽く入るか?
  • 靴のアッパー(甲)部分に軽くふれて、靴下が隠れる長さか?

まだまだありますが・・・

今回は分かりやすいように重要な事だけに絞ってみました。

スーツ選びに自信が無い人でも、
どういう風に決めていったら良いか、
参考にしてもらえると思います。

特にサイズが合っているか?の確認は、
この先も使える方法なので、知っていても損は無いですよ!

その他の詳細は、また追々記事にしていきますから
ぜひ楽しみにしていて下さい~。

Sponsored Links
Sponsored Links

こんな記事も読まれています

    None Found

コメントを残す