ひな祭りは昔厄払いの行事だった!?その由来とは

ひな祭りとは女の子の幸せや健やかな成長を祈る行事です。
桃の節句とも呼ばれ、毎年3月3日に雛人形を飾って
節句料理を楽しみます。

雛人形が着ている服を見ると分ると思いますが、
ずっと昔の平安時代から続いている行事です。

少しずつ形を変えながら現在まで伝わっているひな祭りですが、
「コレだ!」と言える様な由来は残念ながら不明です。

ですが、由来になりそうな記録はいくつかあります。
ちょっとした雑学として知っていても損は無い
その起源を紹介します。

ひな祭りの由来は平安時代から?

その1.流し雛として

紙や草で作った人形(形代)に災いや穢れを移し川に流します。

コレはこのまま現代に伝わっていて、
奈良県の吉野川や鳥取県にある「流し雛の館」が有名ですね。

その2.雛(ひいな)遊びとして

今も昔も女の子は人形遊びが好き!
貴族の子どもたちの間でもおままごとで遊んでいたようです。

「ひいな」という言葉には小さくて可愛いという意味があります。

中国から厄払いの行事が伝わった

上巳節と呼ばれる3月上旬頃、水辺で水浴をしながら
厄払いの儀式が行われていました。

年月が過ぎると、水浴ではなく庭園に小川を作って
遊びの要素が加えた「曲水の宴」に変わっていきます。

これが日本に伝わって、だんだん雛流しや雛遊びと結びつき、
「女の子の日」の意味合いが含まれていきます。

ひな祭りの料理にも由来があります

ひな祭りの料理欠かせないものとして、
菱餅(ひしもち)と白酒があります。

中国では桃の木は邪気を払うと考えられていて、
上巳節では桃の花を浸したお酒を飲んでいました。
この事から、ひな祭りを桃の節句とも呼ぶようになります。

お酒を飲む習慣が日本に伝えられた時には、
庶民に親しまれている白酒に置き換えられて
欠かせないものとなりました。

同じく御形(別名:ハハコクサ)で作ったお餅も
日本に伝わった時に、魔除け、清浄、健康の意味が込められた
3色の菱餅(ひしもち)に置き換えられました。

江戸時代からは人形を飾るようになった

平安時代は紙や草で人形(形代)を作っていましたが、
技術が進歩し、高級になり、やがて飾るものへと変化しました。

女の子が生まれたら高級な雛人形を飾ってお祝いしたりと、
だんだん現代のひな祭りに近くなります。





どうだったでしょうか?
文字にして読むと、同じ行事でも全然違うものに見えますが、
実際は長い時間をかけて少しずつ変化しています。

もしかしたら、年を取った後で子どもの頃を振り返ると
「変わったな~」と思えるようになっているかもしれませんね。

Sponsored Links
Sponsored Links

こんな記事も読まれています

    None Found

コメントを残す