確定申告の期間に気をつけよう!期間を過ぎるとペナルティが・・・

確定申告とは、1年間(1月1日~12月31日)の収入をもとに
納税額を申告して払うことです。

確定申告は、翌年2月16日~3月15日までの
期間内に済ませなくてはいけません。

期間を過ぎてしまうと、無申告や期限後申告として扱われて
無申告加算税を払う事になってしまいます。

無申告加算税は、納税額が50万円までは15%、
50万円を超えると20%の額が増額されます。

ですが、税務署に指摘される前に
自分から期間後申告をした場合は、
5%の増額になります。

会社員として働いていると、毎月の給料(収入)から、
年間の所得額がある程度分ります。

会社は毎月のお給料から所得税として天引きして、
納税してくれています。
この時ちょっと多めに払っているので、
その分が12月に調整されて払い戻されます。

これが年末調整です。

本来、戻ってくるのは当然の事なんですが、
少しでも多くお金を貰えるというのは、悪い気がしないですよね。

これが逆に年末調整で毎年不足分を払わなくっちゃいけないとしたら、
心理的にイヤ~な気持ちになる事と、予め多く払う事で未納を防げるのが、
多めに天引きする理由だそうです。

うまい事考えてありますね。

医療費は所得税から控除されます

本人だけではなく、家族全員で年間10万円以上、本人負担での
医療費を使っていた場合は、所得税から控除されます。
(保険料で支払われた分は含まれません。)

医療費に含まれるのは、診察費や入院費だけではなく
付添いの人の分を合わせた交通費、出産に関わる費用
医療機関による介護サービス、歯の治療、
お薬代・・・などなど幅広く対象になっています。

医療費に含まれそうなものは、とりあえず領収書などとっておくと
意外と10万円を超えているかもしれませんね。

10万円以下の医療費でも控除される場合が・・・

医療費として年間10万円使っていない場合でも
控除対象になる場合があります。

年間の所得が200万円以下で
医療費が5%以上の場合、です。

例えば、こんな感じですね。
・所得150万円の場合は、7,5000円以上
・所得100万円の場合は、5,0000円以上

還付申告は過去5年までさかのぼれます。
この期間内なら間に合うので、領収書など見つけたら
整理してみて下さい。

税金の事を知っていると無駄な支出がなくなります。

多く納税されていたとしても、勝手に戻ってくる事はありません。
知っていれば還付申請で払いすぎた分を取り戻す事ができます。

まずは税金について知ることが、節税の第1歩になりますね。

Sponsored Links
Sponsored Links

こんな記事も読まれています

    None Found

コメントを残す