お年玉の相場はいくら?

子どもにとってのお正月といえば、
お年玉が一番気になるものではないでしょうか?

久しぶりにおじいちゃんおばあちゃんの家へ遊びに行き、
挨拶をしながらポチ袋を貰って、家に帰って中を覗くと・・・。

アレを買おう、こういう風に使おう、と
子どもながらに計画を立てていたのはイイ思い出です。

時は流れ、周りの友達や親戚の子達も結婚し、
子どもができる家庭もあると思います。

お正月が来ると、考えた事はありませんか?
「お年玉ってどの位いれるもんなんだろうか・・・?」と。

あげる立場になって初めて浮かぶ疑問。
冠婚葬祭ではないけど、お付き合いに関わりそうな事なので、
ここは慎重にしたいところです。

なので、他のみんなはどのくらい入れているのか?
目安にする為の相場を調べてみましょう!

お年玉の相場

私たちが貰っていた場合と同じく、
年齢や学年が上がるごとに増えていくようです。
インターネットのデータでは、こんな感じになっていました。

幼稚園以下の子ども・・・1,000円以下
中でも1,000円あげている場合が全体の約35%と、一番多いようです。
他にもお金じゃなく、おもちゃの方が喜ばれる事もあるようです。

小学校低学年の場合・・・1,000円~3,000円
この金額が全体の約55%ほどと、半数以上になります。

小学校高学年の場合・・・3,000円~5,000円
だんだん金額が上がってきて、3,000円~5,000円が
全体の約35%です。

中学生の場合・・・5,000円~10,000円
中学校に進学したという事で、少し多めに金額が上がりました。

高校生の場合・・・5,000円~10,000円
中学生の時と金額帯は変わりませんが、
全体の約85%と割合がかなり多くなっています。

他、自分の子供と親戚や友人の子供での差は無いようです。

また、高校生以上は
年齢÷2×1,000円
を目安にしている場合もあるようです。

参考
お年玉相場2013

ちょっとしたマナーにも気をつけたい所

お年玉を渡す相手は子どもですが、まだ小さい場合は
ちょっとした事を学んでもらう場にもなります。

・必ずお礼を言わせる事
・すぐに中身を確認させない

どちらも大切な事なので、ついでに習慣をつけさせちゃいましょう!

Sponsored Links
Sponsored Links

こんな記事も読まれています

    None Found

コメントを残す