サイリウムとは?その使い方と購入方法

サイリウムとは?

AKB48ももクロ等のアイドルグループの
ライブ会場で良く見るアレです。

ライブ会場の雰囲気に合わせてお客さんが振ってる
カラフルに光る棒です。
別名で、ケミカルライトやルミカライトとも呼ばれます。

20131022-01

ペンライトっぽいですが、電池では無く混合溶液による化学反応で光るので
スイッチによるオン/オフができなく、1回限りの使い捨てです。

その代わり、イザというときに電池がなくて光らない、なんて事はありません。

サイリウムの使い方


使い方はyoutubeに動画がありました。

カラフルな色といい、細長い形といい、ポキっと折る所といい、
まるでチューペットみたいですね(笑)

*注意
折る時に力を入れすぎると中の液体が出てきて大変危険です。

シュウ酸ジフェニルと過酸化水素の混合溶液による化学反応で
フェノールというものができます。
目に入ってしまったら眼科にいきましょう。

サイリウムの購入は通販がオススメ

アイドルのライブでは良く使われるのアイテムなので、
会場近くでも当然売ってますが、品切れになってる事も多く、
事前に準備しておいたほうが良いです。

価格は大体12本入りで1,500~2,000円位が多いです。

サイリウムには、主に長さや発行時間で種類があるので
目的に合うものを選びます。

長さ

  • ノーマル(6インチ、15cm)
  • ロング(10インチ、25cm)
  • スーパーノーマル(15インチ、40cm)

など。

種類

  • UO(ウルトラオレンジ)・・・発行持続時間 約5分
  • 超高輝度タイプ・・・発行持続時間 約15分
  • 高輝度タイプ・・・発行持続時間 約60分
  • レギュラー(標準)タイプ・・・発行持続時間 約6~8時間

光の強さは時間とともに弱くなっていきます。
最後までずっと同じ強さで光っていません。

サイリウムの使い方はイロイロ

お手軽な使い方から、アウトドアや
停電や災害時の防災グッズとしても使われます。
また、アメリカでは軍隊の夜間活動でも使われています。

百円ショップでも売ってるので、防災グッズとして持っているなら、
一度光らせて練習してみましょう!
この用途だったら、持続時間が長いレギュラー(標準)タイプがオススメです。

Sponsored Links
Sponsored Links

こんな記事も読まれています

1件のトラックバック

コメントを残す