知ってますか?おせち料理を作る本当の意味は・・・

お正月に食べる料理といえば、おせち料理があります。

色々とおめでたい意味を込めた料理をたくさん集めますが、
何でだか知ってますか?

おせち料理の始まり

おせちとは御節供(おせちく)の略で、
一年で五日ある節句の日に食べる料理でした。

これを五節句といいますが、

  • 元旦
  • ひな祭り
  • 端午の節句
  • 七夕
  • 重陽(ちょうよう)

です。

重陽(ちょうよう)を知っている人は少ないと思いますが
9月9日の事で、菊の花が咲く季節なので「菊の節句」とも呼ばれています。

平安時代に中国から伝わった文化で、
この日は長寿を願って菊のお酒でお祝いをしていました。

最初は、五節句の日に神様にお供えをして宴を開く宮中行事だったのですが
おめでたい日だからか普通の人たちも御節供(おせちく)を行うようになり、
おせち料理の習慣が全国に広まりました。

中でも一年の始まりである元旦に開く宴が一番盛大だった事から、
お正月に食べる料理を「おせち料理」とする習慣になっています。

おせち料理に込められた意味

おせち料理といえば、縁起を担いだ食べ物ばかり集めた料理です。

例えば、

黒豆
家族が一年間まじめに働いて、元気に暮らせる様に。

数の子
子供がたくさん生まれて欲しい。

鯛(たい)
「おめでたい」のたいの部分と掛けて。

金団(きんとん)
富が得られて豊かであってほしい

海老
腰が曲がるまで生きられる様に長寿の意味。




という感じで、何かの願いや意味を込めて選ばれています。

また、重箱を重ねるのは、
これらの料理が入っている入れ物を重ねるので、
「おめでたい事が重なる」という意味を込めています。

一番上の五段目は控えとして使われるので、
何も入っていない事が多いですが、
将来に向けて、まだまだ幸せが入るように場所を開けているらしいです。

何から何まで縁起物に結び付けていますね~。

ちなみに、

重ねる重箱を一の重・二の重・三の重・与の重・五の重と書きますが
四の重と書かないのは、この漢字が不吉を表すので使用されません。

そして現在のおせち料理に込められている願いは・・・?

ズバリ!

いつも食事を作ってくれる女性(母親?)を、
お正月くらい休ませてあげよう、
です。

平安時代では、神様を怒らせてはイケナイ!と
台所を使わない様にして、
ちょっと遠まわしな表現ですが、
女性に休んでもらおうと考えていたようです。

おせち料理に内容も日持ちする献立が多いのも、
料理に手がかからない様にと考えられているからですね。

まぁ、一番手が掛からないのは買ってしまうことですが・・・、
というのは内緒のお話。

Sponsored Links
Sponsored Links

こんな記事も読まれています

    None Found

コメントを残す