日経平均株価って何?初心者から学ぶわかりやすい株式市場

毎日ニュースで日経平均株価を発表していますが、
これって何なのかわかりますか?

街の人たちへインタビューもしているし、
株価の事なので、「何となく上がれば良い」とだけ
考えている人が多いと思います。
(大体その通りなんですが・・・。)

なので、チョットだけ掘り下げてみましょう!

日経平均株価は何が対象になっているか?

日経平均株価は、東京証券取引所(略して東証)の
一部に上場している株式約1700銘柄から
225銘柄が選ばれて指標にされています。

この事から、日経225とも呼ばれています。

東証は、いくつかある金融商品取引所の一つで、
他に、

  • 名古屋証券取引所(名証)
  • 福岡証券取引所(福証)
  • 札幌証券取引所(札証)
  • マザーズ
  • TOKYO PRO Market
  • ジャスダック
  • セントレックス
  • Q-Board
  • アンビシャス

があります。
何となく聞いたような言葉もありますね。

この中でも最大規模なのが東証で、
更にそこから選ばれた225銘柄なので、
日本を代表するトップ企業が
日経平均株価の指標になっているわけですね。

この225銘柄というのは、日本経済新聞社が選んで発表しています。

また、東証に上場している銘柄が対象なので、
他の金融商品取引所に上場している銘柄は対象になりません。

日経平均株価はどうやって計算されているか?

日経平均株価は、ダウ式と呼ばれる方法で
日本経済新聞社が計算・発表していますが、
その計算式は、

各銘柄の採用評価=株価×(50÷みなし額面)

日経平均株価各銘柄の採用評価÷除数

になります。

みなし額面と除数は、日本経済新聞社のホームページで発表されているので、
そのまま使います。
みなし額面
除数

こんな感じで15秒ごとに225銘柄分計算して、発表されているのが日経平均株価になります。

日経平均株価を簡単にまとめると

日経平均株価が発表されるまでの計算方法を見てみましたが、
ザックリ表現すると東証一部に上場している銘柄の株価合計、です。

株価なので、これが上昇すると会社だったら経営が安定している事になるし、
金融機関からの信用力が上がったり、資金調達する為に発行する株券の
発行枚数を減らせたりと、良い事があります。

これを日本政府が経済統計として活用しているので、
日経平均株価の上昇は景気がよくなっている事を示し、
みんなが嬉しいと感じるんですね

Sponsored Links
Sponsored Links

こんな記事も読まれています

    None Found

コメントを残す