お歳暮を贈る時期の注意!関東と関西の違い

「歳暮」とは、年末や歳末を意味する言葉で、
その年にお世話になった人達へ感謝の気持ちを込める
贈り物がお歳暮です。

お歳暮を送る時期は、12月中旬が一般的です。
あまり遅すぎるとクリスマスと同じタイミングになったり、
年末年始の準備で忙しい時期になってしまうので、
その前に届くようにしましょう。

お歳暮を送る時期は?

お歳暮贈る時期は、上に書いた通り大体12月中旬なのですが、
関東と関西では、お歳暮を贈る時期が少しズレます。

  • 関東は12月初旬~12月31日まで
  • 関西は12月10日~12月20日まで

他、北海道や九州等の地方は、関西と同じ時期のようです。

お世話になっている仕事の取引先に送るなど、
失敗したくない時には、
とりあえず12月10日~12月20日しておけば
お歳暮はの時期は間違い無いです。

もしお歳暮の時期を逃してしまったら?

年末の事なので、慌ただしくしているうちに
何かの理由でお歳暮の時期を逃してしまう事があるかもしれません。

年末だと相手も忙しい時期なので、
年明けに「御年賀」として、
お正月中(1月1日~1月7日頃)に届くようにしましょう。

ここでも、関東と関西に違いがあって、

  • 関東は1月7日まで
  • 関西は1月1日まで

に贈るのが良いとされています。

お歳暮は余裕を持って準備するのが大事!

年明けに贈る事もあるとはいえ、遅れるのは考え物。

11月12月は年末に向けて忙しくなる時期です。
「何にしようか?」と迷ってるうちに
お仕事や家事に追われてどんどん日にちが
過ぎていってしまいます。

大抵、お歳暮用のギフト商品は10月から販売しているので
余裕があるうちに準備しておくのが良いでしょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

こんな記事も読まれています

    None Found

コメントを残す