夏バテの原因って?こんな症状が出たら要注意!

って体調を崩す事が多いですよね?

私も夏になると、疲れが抜けなかったり
食欲が無かったり・・・、と
体調が良い日の方が、少ないかもしれません。

ニュースで、夏バテには十分注意しましょう!
とは言ってますが、夏バテって、
どんな症状か分かりますか?

夏風邪だったら、熱が出たり咳や鼻水が出たり。
熱中症なら、めまいや脱水状態

・・・と、どんな症状か分かるのもありますが、
頭痛や吐き気など、原因が分からない症状は、
「コレは夏バテだろう」と、何となく
一括りにしてるんじゃ無いでしょうか?

そこで今回は、夏バテの症状と原因をまとめてみました。
しっかりと対策できるようにしておきしょう!

夏バテの症状と原因はこんな感じ

まず、夏バテの症状

  • 疲労感やだるさを感じる
  • 無気力
  • イライラする
  • 熱っぽい
  • 立ちくらみ、めまい、ふらつき
  • むくみ
  • 食欲が減る
  • 下痢、便秘

・・・等々色々ありますが、
これらの症状が出たから夏バテ、という事では無く、
この症状になる原因も重要です。

原因その1.自律神経の不調

自律神経という言葉は良く聞きますが、
これは、体の器官の活動を調整している神経の事です。

なので、色んな器官と連携をとっているんですが、
この神経に負担がかかると、バランスが崩れて
体調不良になるんです。

20150414-01
負担が掛かる原因とは、例えばエアコン

真夏の日差しが暑い外から、エアコンがガンガン効いた部屋に入ると、
生き返った~って感じで、とっても気持ちいですよね。

ですが、この温度差が、
体にすごく負担がかかっているんです。

室内外の温度差が、5℃以上あると体への負担が大きく、
自律神経のバランスが崩れる原因になります。

その結果、だるさ疲れを感じるようになり、
夏バテになってしまいます。

外気との温度差が5度以上あると、暑い時に働く副交感神経と冷えた時に働く交感神経のバランスが崩れて、不眠・だるさ・肩こり・下痢などを引き起こし、時には夏風邪の原因にもなりかねません。

引用:All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/28209/2/

節電の為、設定温度を28℃に!と言われますが、
気温差を減らす事で、体への負担を減らす効果もあるんですよ。

とはいえ、例えば会社みたいに、人がたくさんいる所だと
自分で設定温度を決められないので、
困っちゃいますよね?

そんな時には、薄手のカーディガンなんかを羽織ると全然違います。

冬の話になりますが、薄い生地のヒートテックが
何で暖かいのかというと、それは空気の層を1個増やすからなんです。

空気の層は熱を伝えにくいので、体温を逃がしにくく、
冷たい温度が体に伝わりづらくなります。

ヒートテックを初めて着た時、前の日と寒さの感じ方が全然変わって
「これでこの冬は大丈夫だろう!」と強く思いました。

原因その2.水分不足

夏はとにかく暑い!
暑ければ、当然汗をかく。

汗をかくと、体の外に水分が出て行くので、
水分不足になってしまいます。

水分不足がが酷くなると、吐き気頭痛の症状が出て、
夏バテより重症な熱疲労になってしまいます。

人間は、1日3リットルの水分が必要とされているので、
汗で失った分は、こまめな水分補給する事が夏バテ対策になります。

ですが、ここで注意しなくちゃいけないのが、
水だけをガブガブ飲んではいけないという事。

極端な話ですが、
トイレに行かずに、どれだけ水を飲めるか?という
大食い(飲み?)のような企画があり、水だけを大量に飲んで
参加者が死亡してしまったニュースを聞いた事があります。

原因は、水を大量に摂った為に、体中の塩分濃度が下がり
水中毒になったという事でした。

確かに、汗で体の外に出ていくのは、
水だけじゃなくて塩分もありますよね。

なので、塩飴を舐めたり、スポーツドリンクで水分補給して
塩分も一緒に補給する事が、大事なんです。

原因その3.胃腸の機能低下

20150414-04

暑い時には、キンキンに冷えた飲み物で、
水分補給したい所ですが、冷たいものばかり摂っていると、
胃腸を冷やし消化機能が下がってしまいます。

消化機能が低下すると、
食欲が無くなり、食生活のバランスが崩れるので、
コレも夏バテの原因になります。

・・・なんですが、胃腸が弱っていなくても、
暑いっていうだけで、食欲って無くなりませんか?

そんな時には納豆を食べると、弱った体を助けてくれます。
納豆には、

  • 疲労回復してくれるビタミンB
  • 食欲低下で不足しがちなタンパク質を含む
  • 胃の粘膜を強めたり、消化吸収を助けてくれるムチン

が、含まれていて夏バテで弱った体には、
ピッタリな食べ物なんです。

夏バテ対策の食べ物といえば、豚肉なんかもありますが、
こってりしている物って、あんまり食べる気はしないですよね・・・。

それよりも、さっぱりしている納豆の方が良くないですか?
納豆パックで1品増やすのも簡単だし。

最後に

どうだったでしょうか?

特に、営業で外回りが多い人は、温度差がある建物の中と外を
行き来するので、夏バテになりやすいんじゃないでしょうか?

他にも、冷房が効きすぎな電車も要注意ですね。

私なんかは、通勤に使ってる車両が寒くて寒くて
薄手どころか、普通の上着が手放せません。

皆さんも、気をつけて夏を乗り切りましょう!

Sponsored Links
Sponsored Links

こんな記事も読まれています

    None Found

コメントを残す