睡眠の質を高める方法!スッキリは時間だけじゃ感じられない!

ちゃんと寝てるはずなのに・・・。

  • スッキリしない
  • 寝足りない
  • つい二度寝してしまう

疲れが取れた気がしないで起きるのはツライ。
だからといって、寝る時間を増やすのは難しい。

でも、

深い眠りとか浅い眠りとかっていう言葉を
聞いた事がありませんか?

眠りにもがあって、上手に寝る事によって、
うまく疲れがとれるようになるんです!

寝ても寝ても、全然寝足りない。

そんな人の為に、早速、睡眠の質を高める方法
紹介していきますよ!

ポイントは起きるタイミング!

レム睡眠ノンレム睡眠という言葉は、
聞いた事があると思います。

・眠りが浅いレム睡眠
・眠りが深いノンレム睡眠

眠っている間は、この2つ状態を交互に
波の様に行ったり来たりして、リズムを作っています。

20140514-01

参考:http://stands.allsports.jp/health/648

眠り始めは、ノンレム睡眠に寄っていて、
徐々に眠りが浅くなり、十分な睡眠が取れると
自然に起きます

眠りのリズムは、90分間隔で繰り返していて、
レム睡眠の時に起きると、スッキリ起きられます。

起きる準備が、出来てるって事ですね。

逆に、ノンレム睡眠の時に起きると、
すご~く不愉快な目覚めになります。

コレが、十分な時間の割りに、
寝足りなさを感じる原因なんです!

寝たい時に寝るには?

もしも、レム睡眠の時に起きられれば
スッキリした目覚めにはなります。

ですが、

起きる時間は、目覚まし時計でコントロールできても
寝たい時に寝るのは、難しいですよね?

さぁ寝るぞ!

意気込んで、布団の中に入っても、
横になってる時間が増えただけだったり・・・。

この、なかなか眠れない状態というのは、
まだまだ寝る準備が整ってないからなんです。

では寝る準備とは、どんな状態なのか?

それは・・・

リラックス状態が睡眠のカギ!

人間の自立神経には、

・運動や考え事など、活発になっている時に働く交感神経
・眠っている時など、ゆったりした時に働く副交感神経

があります。

眠る準備とは、副交感神経
働くようにしてあげれば良いのです。

難しい事を書きましたが、
要するに、リラックスできる環境を作るわけです。

例えば、

  • 照明を刺激の弱い間接照明に変える
  • リラックスできるBGMをかける
  • 伸びをする

でしょうか。

ストレッチする、というのはよく聞きますが、
私の場合、「伸び」という表現の方が、
合っていると思います。

自己流でやってみたせいか、血行が良くなってしまったようで、
むしろ目が覚めてしまいました・・・。

思いっきり伸びをした後、脱力するくらいで丁度良かったです。

BGMというのも、J-POPのような音楽ではなく
自然の音が良いですね。
ヒーリングミュージックって言うんでしょうか?)

特にオススメなのは、弱い雨の音

電気を消して真っ暗にして、布団に入り、
横になって静かにしていると、聞こえてくる雨の音。

そんな中で、ボーっとしているのは、
すごくリラックスできて、何時間でも過ごせる気がします。

日中雨が降っているのは許せませんが、
夜となると話は別ですね。

雨というのは、早々都合よく降らないので、
試しに、スマホでyoutubeの音楽を
かけてみてください。

病み付きになりますよ!

リラックス状態を邪魔する刺激とは?

逆にリラックス状態を邪魔するのは、
どんなものなんでしょうか?

例えば、こんな感じですね。

  • カフェインを摂らない
  • 頭を働かせる
  • 強い光の刺激を受ける

眠気覚ましで有名なカフェインですが、
効果は7時間くらい持続します。

コーヒーや紅茶は、夕方以降
飲まない様にするのが良いですね。

頭を働かせるというのは、仕事や勉強とか
現実味のあるツマラナイ事を、あれこれ考える事です。

これじゃ全然リラックスできません

同じ考え事なら、ヒートアップしない程度に、
妄想空想していたほうが、よっぽど面白いですね。

強い光の刺激というのは、パソコンのモニタだったり、
テレビやスマホが身近な物です。

面白いテレビ番組だったら、興奮状態になるだろうし、
スマホのゲームだったら、頭を使うだろうし。

目だけでなく、脳も刺激を受けるので、
リラックスとは、程遠い状態になってしまいます。

睡眠時間を調節する

リラックス状態を作って、眠りやすくなり、
ある程度、寝始める時間をコントロールできるようになりました。

そして、起きる時間は、目覚まし時計で決められます。

この二つを、ある程度自由にできると、
寝てから○時間後に起きるという事が
できるようになってきます。

すっきり起きられるレム睡眠の時を狙って
起きられる訳です。

朝の出社時間に合わせて、起きる時間は決まってると思うので、
何時ごろに眠り始めれば、スッキリした目覚めになるのか?

コレが分るので、朝の辛さが無くなります。

最後に

どうだったでしょうか?

スッキリした目覚めのタイミングについて
書いてきましたが、睡眠時間の長さというのも
疲れを取る為には重要です。

但し、個人個人で必要な睡眠時間というのは、異なります。

3時間で大丈夫という芸能人も居るし、
6時間は欲しいという友達も居るし。

チョット時間はかかるかもしれませんが、
実際に寝てみて、探していくしかありません。

例えば、こんな方法はどうでしょうか?

30代の人だったら、だいたい6~7時間の睡眠が、
必要だと言われています。

ここを基準に30分くらい延ばして2~3日、
30分くらい短くして2~3日。

こんな感じで試していくと、
意外とすぐに見つかるかもしれませんね。

Sponsored Links
Sponsored Links

こんな記事も読まれています

コメントを残す