土用の丑の日!うなぎを食べるようになった由来は?

夏バテ防止の食べ物といえば、うなぎ!

暑さのせいで、食欲が落ちるているハズなのに
美味しい甘ダレで味付けしてある蒲焼は、
いくらでも食べられそう。

・・・いや、むしろタレだけでも、
ご飯イケるんじゃないか・・・?

まぁ、それだけ美味しいって事ですよ!

ところで、うなぎといえば、
夏に土用丑の日に食べる習慣があります。

この週間は、みんな知っている事だと思います。

でも、ちょっと考えてみると
うなぎって、全く関係無さそうじゃないですか?

丑っていう字は「うし」って読むし。

土用丑の日にうなぎを食べる意味。

実はコレ、今でも多くの人が知恵を絞って悩んでいる、
江戸時代の、とある悩みが始まりだったんです。

以外!夏にうなぎは売れなかった?

江戸時代、うなぎは夏に売れにくい食べ物でした。

土用丑の日の印象が強く、うなぎは夏がおいしい食べ物だと
思っている人が多いのですが、実はうなぎの旬は冬なんです!

うなぎは冬眠をする為、栄養をたっぷり蓄えるので、
準備が整った冬が美味しいのです。

まぁ、たくさん食べるっていう意味では、
間違って無いんですけどね。

旬じゃ無いとはいえ、「売れない」という事は、
商人にとって悩みの種。

今も昔も人は、売上に悩まされてしまうんですね。
困った困った。

良いアイディアも浮かばなく、困ったうなぎ屋さんは、
知人へと相談してみます・・・。

その名は平賀源内、夏にうなぎを食べる流行を作った男

20140421-01

平賀源内といえば、

  • エレキテルを開発
  • 人形浄瑠璃の作品を作る
  • 源内焼と呼ばれる焼き物を作る

と、他にも多方面で才能を発揮する、天才と呼ばれる人でした。

そんな平賀源内は、暑さによる疲れが溜まる、
土用丑の日に注目します。

この頃、既に土用丑の日には何かを食べて、
暑さを吹き飛ばそうとする習慣がありました。

合言葉は「う」

ウリ・梅干・うどん・・・等、丑(うし)の日にちなんで
「う」がつく食べ物を食べていました。

そして平賀源内は、この「う」に注目しました。

幸い、うなぎも「う」がつく食べ物なので、
「本日、土用丑の日」と書かれた張り紙を、
店頭に張り出してみました。

うなぎ屋が宣伝しているのは、とても珍しく、
足を止めたお客さんに、
「うなぎは精のつく食べ物」と宣伝します。

宣伝効果はバッチリで、うなぎ屋は大繁盛♪
人の目に留まるキャッチコピーとしても大成功です。

コレを見た他のうなぎ屋さんも、次々と便乗し、
土用丑の日にうなぎを食べる習慣が、生まれました。

キッカケを作ったのは平賀源内だけじゃない!?

■偶然おいしい蒲焼を焼いた春木屋善兵衛

平賀源内が土用丑の日を広めたのは、
文政5年頃(1822年~1823年)。

同じ頃、春木屋善兵衛といううなぎ屋さんがいて、
ある日、旅に出る大名様から、うなぎの蒲焼の注文
大量に受けました。

そこで、土用子の日・丑の日・寅の日と3日間かけて蒲焼を
作ってみた結果・・・、

2日目の丑の日に焼いた蒲焼だけが、
痛まずにおいしく作れました。

そこで、うなぎの蒲焼は土用丑の日に作るのが良いと、
噂が広まりました。

自分が広めたんじゃ無いけど、偶然から生まれたキッカケですね。

■源内と同じく、うなぎ屋から相談された大田蜀山人

平賀源内よりも、やや後の天保10年頃(1839年1840年)。

ここにも、売上アップに悩んでいるうなぎ屋さんがいて、
蜀山人は、相談を持ちかけられました。

歌人である蜀山人は、「丑の日に鰻を食べると薬になる」
キャッチコピーを入れた狂歌を作り、大ヒットさせました。

この事は、源内が土用丑の日を広めた10年後ですが、
まだ日本全国に、広まりきっていなかったようです。

情報の伝達は口コミがメインだったこの時代、
大ヒットしたような事でも、
遠くまでは難しかったのかもしれません。

それでも、土用丑の日のうなぎが広がり続けたのは、
例え旬でなくても夏バテ対策に、
ピッタリ
な食べ物だったからなんでしょうね。

最後に

こうして、夏に売れにくかったうなぎも、平賀源内たちのおかげで
今では、夏が一番うなぎの蒲焼が売れるようになりました。

20140421-02

参考:http://www.stat.go.jp/teacher/c2epi5.htm

それにしても、昔に生まれた流行が、
ここまで影響を出すなんて、「凄い」
一言しか出てきませんね!

今は、インターネットで簡単に情報が広まる時代

売上で悩んでいるなら、キャッチコピーを作るのに、
力を入れるのが、一番の近道かもしれませんよ!

Sponsored Links
Sponsored Links

こんな記事も読まれています

コメントを残す