夏の夜どうする?赤ちゃんが快適なエアコンの温度設定!

「そろそろ、エアコン使いたいな・・・。」

夏の熱帯夜は暑さが辛いですよね。
冷房使わなきゃ、とてもじゃないけど寝られません!

でも、赤ちゃんと一緒に寝る時って、
何度くらいがちょうど良いんでしょうね?

夜は当然ママさんも寝るので、様子を見ながら、
こまめに温度設定なんて出来ないし・・・。

まだまだ何も喋れない赤ちゃんの事だと、
どうしたらいいか、悩んでいる人は多いようです。

機嫌を損ねると、夜中でも泣き出しちゃいますしね!

他にも健康の事で、エアコンが体に悪いと思っている人も
いるようですが、実は暑さを我慢する方が、
よっぽど体に悪い
です!

赤ちゃんは、まだ発汗機能が未熟なので、
上がった体温を下げるのが苦手です。

なので夏の暑さには弱く、エアコンで過ごしやすい
温度にしてあげる必要があります。

病院でも、赤ちゃんがいるからといって、
冷房を止めている所は無いですよね?

そんな訳で、赤ちゃんの事を心配する
ママさん達の悩みを解決するべく、
エアコンの使い方を紹介しますよ!

赤ちゃんが快適に感じる温度は?

20140415-01

赤ちゃんが、エアコンをつけながら寝てても、
快適な温度設定は約27~28度です。

「ちょっと、暑くない?」と思うかもしれませんが、
それは私達の感覚です。

赤ちゃんの平熱は、だいたい37.0~37.5度と、
大人に比べて約1度高めです。
(もちろん、ひとりひとり平熱は違うので、チェックして下さいね)

・・・という事は、体感温度は、私達より約1度低いです。

なので、私達が感じる「ちょっと暑いかも?」は、
赤ちゃんにとって丁度良く感じるのです。

夏に産婦人科から退院するママさんには、
看護師さんも、27~28度が良いと教えてくれましたが、
エアコンの機種や、部屋の大きさによっても違いますよね。

赤ちゃんの身体をさわって、冷たければ、
冷やし過ぎなので、目安にしてみてくださいね。

湿度の調整で体感温度がかわる♪

設定温度は変えていないのに、いつもより効きが悪い・・・。

そんな時は、設定温度を下げる前に、
湿度もチェックして下さい。

湿度が15%下がると、体感温度が約1度下がります。

そして、人が快適に過ごせる湿度は50~60%とされています。

湿度は、気温が低くなると上がるので、

  • 夜は、昼より気温が低い
  • エアコンで温度を下げている

と、湿度が高くなる条件がそろっている夏の夜だと、
湿度は80%にあがる事もあります。

なので、湿度を50%まで下げると、約2度涼しく感じます。

唯でさえ、夏はジメジメしているので、
除湿対策もしておくと、いつもより涼しく過ごせますね。

最後に

どうでしたか?

夏の夜、赤ちゃんが過ごしやすいエアコンの設定温度
27~28度とちょっと高めに感じましたか?

でも、赤ちゃんと一緒に添い寝すると、
ちょうど良いかもしれませんよ?

冷気は、下にたまりますからね。

温度と一言でいっても、

  • 平熱と室温の差
  • 湿度
  • 高さ(場所)

によって、体感温度が変わる事も分かりました。

なにかと敏感な赤ちゃんの事なので、
ぜひ、赤ちゃん目線で物事を見られると良いですね!

Sponsored Links
Sponsored Links

こんな記事も読まれています

    None Found

コメントを残す