さいたま市の図書館はとっても便利

埼玉県にある、大宮市、浦和市、与野市、岩槻市が合併した
「さいたま市」が管理する公立図書館。

4市分の図書館が統合されたので、

  • 蔵書数(本の数)は延べ300万点以上
  • 図書館の数は20館以上

と、大規模な図書館です。

開館時間は、平日が9時~19時か20時、土日祝日は9時~17時か18時
浦和駅東口の中央図書館だけは平日21時まで開いていて、開館時間が一番長い。

休館日は、月曜日(休日の場合は次の平日)と年末年始。
中央図書館は、第1・第3月曜日と年末年始。

自動貸出機、自動返却機で手続きがラクラク!

中央図書館では、自動貸出機、自動返却機を導入しています。
自動貸出機の設置は、なんとさいたま市中央図書館が日本初!

図書館の本はICタグで管理しているので、機械で貸出手続きができます。
機械に乗せて図書館利用者カードを入れるだけで操作完了。
10冊以上重ねても、貸出票が印刷されるまで
ほぼ一瞬で終わるスピード手続き。

浦和駅から徒歩1分位、同じ建物内にパルコがある、と
たくさんの人がいる中で、窓口の列に並ぶ必要はありません。

仕事や学校からの帰りに、
ちょっと寄ってすぐ借りれるのはとっても便利です。

返却の場合は、1冊ずつ投入口に入れるので、ちょっと時間が掛かります。
場合によっては、返却カウンターで返却したほうが早いかもしれません。

他に下記の図書館でも、自動貸出機を導入しています。
(他にも導入している図書館があるかもしれません^^;)

  • 北図書館
  • 片柳図書館
  • 桜図書館
  • 武蔵浦和図書館
  • 東浦和図書館

さいたま市内の図書館だったら、
どこでもネットで貸出・返却OK

借りたい本が、どこにあっても近くの図書館に取り寄せられるし、
返却もどこの図書館でも自由。
出かけるついでに、という事もできますね。

また、事前に図書館でパスワードを発行してもらう必要がありますが、
インターネットからも本を予約できます。

さいたま市周辺に住んでいる人も利用可能

さいたま市が近くの市町と「広域利用協定」を結んでくれているおかげで、
下記の市町に住んでいる人も利用できます。

  • 上尾市
  • 伊奈町
  • 戸田市
  • 蕨市
  • 川口市
  • 蓮田市
  • 春日部市

*さいたま市の図書館利用者カードは使えません。

もう本には困らないかも?

さいたま市周辺の図書館も合わせると、
合計11市の図書館が管理する本をかりられるという事。
蔵書数(本の数)は膨大な数になります。
これだけの規模だったら、どんな本でも出てきそうです。

インターネットで調べても、うまく検索できない時は
図書館の司書さんに相談してみると解決するかもしれませんよ。

Sponsored Links
Sponsored Links

こんな記事も読まれています

    None Found

コメントを残す