実は簡単!CSVファイルをExcel(エクセル)で出力・変換する方法

CSVファイルとは、エクセルの様に行と列でデータを作成できる
テキストファイルです。

テキストファイルなのでエクセルなどのソフトは必要なく、
Windowsに最初から入っている「メモ帳」でも編集できる
便利なファイル形式です。

表計算のデータを扱うエクセルでは、セルでデータを区切っている様に
CSVファイルでは「,(カンマ)」で区切っています。

エクセルでも開けるので、出力されたCSVファイルを
関数を使って編集する事もできます。
出力側とインポート側でデータの作り方が違う場合、
関数を使えるので便利ですよね。

CSVファイルの作成方法

エクセルの場合は、保存をする時にファイル形式を指定する事で、
CSVファイルを作成できます。

「名前を付けて保存」でファイルの種類を変えれば
CSV形式でファイルが作成されます。

【エクセル】名前を付けて保存
ファイル名を付ける時に、赤枠の部分をクリック。

【エクセル】CSV形式を選択
選べるファイル形式がズラリと表示されるので、
「CSV(カンマ区切り)(*.csv)」を選んで保存。

CSVファイルを編集するときの注意!

CSVファイルはエクセルで作成できるので、
モチロン編集もできるのですが、注意しなければならないことがあります。
それは、開くときに0(ゼロ)で始まる数字のみのセルは
先頭の0(ゼロ)が消えてしまう
、という事です。

実際に開くとこんな感じですね。

【エクセル】CSVファイルを開くと先頭の0が消える
エクセルでCSVファイルを開くと、
電話番号で使われる先頭の「0」が表示されていません。
多分、セルの書式設定が「数字」で開かれるからだと思います。
このまま保存すると、「0」が消えたままのデータになってしまいます。

【メモ帳】CSVファイルを開く
メモ帳で開くと、ちゃんと「0」から始まる電話番号になっています。
余談ですが、データが,(カンマ)区切りになっているのが分りますか?
名前と電話番号の間を見てみてください。

なので、簡単な編集・修正だったらメモ帳を使って
上書き保存すれば問題ないですね!
エクセルだと関数が使えてとても便利ですが、
CSV形式で出力するときには注意してください。

Sponsored Links
Sponsored Links

こんな記事も読まれています

コメントを残す