観葉植物で風水効果!玄関に飾る種類はどれにする?

大きくて、キレイな家って憧れませんか?

広い玄関は、当然汚れなんか無くて、
観葉植物が飾ってあって・・・。

小さい頃、友達の家に遊びに行った時は、
まるで、別世界に入ったかのような、
気分でした。

その頃は、まだ「観葉植物」なんて言葉は
知らなかったんですけど・・・。

そんな思い出は置いておいて、
重要なのは、この観葉植物。

風水効果で、運気が上がるらしいんです!

そこで今回は、この運気が上がる観葉植物について、
紹介していきます。

運気を呼び込んで、家族みんなで幸せになりましょう!

まずは玄関に飾るべし!

玄関とは、家の出入り口であり、一番最初に
そして、たくさんの人が見る場所。

つまり、人の印象に強く残るんです!

コレを人間に例えると

人の顔というのは、表情や髪型、目で
第一印象が、決まっちゃうくらい大事なところ。

なので、玄関というのは、
とっても大事な場所なんです。

運気も人と同じで、入り口(つまり玄関)から
入ってきます。

まずは、玄関から手をつけるのが、
幸せを呼び込むポイントです。

観葉植物はどうやって選ぶ?

観葉植物といっても、種類はたくさんあって、
迷っちゃいますよね?

こんな時は、玄関を開けた時に、

  • 誰が待っていたら?
  • どんな風に感じるか?

で考えると、簡単に決められますよ。

極端ですけど、例えるとこんな感じ。

  • 笑顔がステキで、温和そうな男性だったら?
  • ムスっとした表情で、トゲトゲしい男性だったら?

観葉植物に例えると、こんな所がポイントになります!

■葉っぱの形

20140216-01 20140216-02

丸い葉っぱは、気持ちを落ち着かせる
リラックス効果があります。

逆に、細く尖った葉っぱは、
ツンツンした近寄りにくい気を発生させます。

人が出入りする玄関なので、
丸い葉っぱの形を選びましょう!

■成長する向き

20140216-04 20140216-03

上へ向かって成長するのは、陽の性質を持っていて、
活発な気を発生させます。

下へ下がっていくのは、陰の性質を持っていて、
気を静めて、落ち着かせてくれる効果があります。

陰の性質って聞くと、暗くてマイナス効果が
ありそうなイメージを、持っていたんですけど、
そんな事は無いんですね。

私だったら、自分の家では落ち着きたいし、
お客さんにも、リラックスしてもらいたいので、
陰の性質を持った観葉植物を置くかな~。

観葉植物はこんな種類がオススメ!

モンステラ

20140216-05

  • 金運アップ
  • 手入れ簡単
  • 日陰に強い
  • 寒さに強い

ハートの葉っぱがかわいいモンステラは、
インテリア性が高い観葉植物です。

風水では、なんと金運がアップの効果が!

寒さに強く、室内だったら冬でも大丈夫。
また、日陰に強く、弱い光を好むので、
まさに、玄関へ飾るのにピッタリでしょう。

手入れは、土が乾いてきたら
水をあげるだけで大丈夫なので、
初心者でも簡単です。
メンドクサがりな私でも安心です。

ガジュマル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  • 金運アップ
  • 手入れ簡単
  • 寒さに強い
  • 独特な見た目

沖縄でよく見る、濃い緑色の葉っぱの観葉植物。

古木には精霊キジムナーが宿ると言われていて、
多くの幸せをもたらしてくれます。

そのおかげか、モンテスラと同じく
金運アップが期待できます。

幹の途中から、気根と呼ばれる太い根っこが伸びている姿は、
まるで太い足が生えてるみたい。

日陰には強い方ですが、ガラス越しにでも
日の光を当ててあげる
と喜びます。

光が足りていないと、葉っぱの色が悪くなるので、
室内のガラス越しなど、やわらかい光があたる場所へ
移動してください。

パキラ

  • 仕事運アップ
  • 手入れ簡単
  • 寒さに強い

別名、「発財樹(財を発する樹)」と呼ばれる、
縁起が良い観葉植物。

生命力が強く、やる気と活力を与えてくれるパキラには、
仕事運アップが期待できます。

家に持ち帰った仕事が、思いのほか捗ったりして・・・?

モンステラと同じで、お手入れは水をあげるだけなので、
初心者でも簡単です。

日陰に少し弱いので、ガラス越しにでも
光が入らない玄関だったら、
育てるのは難しいかも・・・。

最後に

植物を育てるのって難しそう・・・、って考えてても、
水をあげるだけで良さそうなら、育てていける気がしませんか?

鉢の小さな観葉植物も売っているので、
チャレンジしてみると、そのまま風水効果が出て、
イイ事が起こるかもしれませんよ。

Sponsored Links
Sponsored Links

こんな記事も読まれています

    None Found

コメントを残す